おれをサラリーマンと呼ぶな!リーマンのブログ

おれサラ

コラム

【無職になる?】引き抜きで転職したリスク「事例と徹底解説」

投稿日:

社会人生活が長いと、引き抜きで転職を提案されるケースもあります。
果たして、転職で引き抜きされた場合はリスクがあるのでしょうか?

折角、キャリアアップや昇給等のメリットを引き抜き先の会社に提案されていたら、転職しようと思ってしまいますよね。
でもやっぱり、それなりにリスクもあります。

引き抜かれて転職する際のケースとリスクをご紹介していきます。

転職で引き抜かれたた時にリスクはあるのか?

引き抜きを受けて転職する場合、どんなリスクがあるのでしょうか。

職種にもよりますが、仕事をしていると様々な方にお会いする事があります。
その中で、是非うちの会社に来て欲しいというヘッドハンティングを受けることや、あなたのような人を探している会社があるので、是非紹介させて欲しいといった話になる事もあります。

それは、自分が誠意のある仕事を積み重ねた結果、評価されて引き抜きされているので、ポジティブに捉えて良い事だと思います。

しかし、引き抜きで転職して失敗するケースもありますので、それなりのリスクがあります。
よく耳にする転職で失敗するケースの代表的な例が以下3つになります。

引き抜きで転職した時のリスク3つ

ケース①:転職先で実力が全く通用しないリスク
ケース②:転職先の契約形態で認識相違が起きるリスク
ケース③:転職先が人脈目当てであることのリスク

それぞれのリスクの事例と内容について、内容をご紹介していきますので、是非転職の際にこういったリスクもあるのだという事を意識してください。

ケース①:転職先で実力が全く通用しないリスク

引き抜かれて転職し、良い役職と良い給料を手に入れても実力が通用しないリスクはあります。

何年も前職で働き、部下からも頼られる社員だったとしても、違う職場で知識やスキルが通用しなかったり、立場が変わった事により求められるスキルが変わって仕事が円滑に回らないことも有ります。

前職で詳しかったのは社内ルールでの仕事の進め方だったために、ルールが変わったり、逆にルールがほとんど無い会社だと仕事の進め方を臨機応変に対応できなくなるケースもあります。
自分のスキルが本当にどこにでも通用するのか、転職先でも知識が使えるものなのかという点は注意しましょう。

社内で皆から頼られる自分だったから、転職先でリーダーの立ち位置でも仕事が回せると考えていないでしょうか。
やった事のない立場や役職にチャレンジしないと、成長はできないですが、転職先が過度にリーダーとしてのスキルを期待していないでしょうか。

転職先があなたにどんなスキルを求めているのか、どんな知識を必要としているのか、何を評価してあなたを引き抜きしようと考えたか、認識相違がないようにしましょう。

ポイント

・転職先でも自分のスキルは通用するか
・転職先でも自分の知識や経験は活かせるのか
・転職先での役職は自分でもできる事なのか
・あなたを引き抜いた理由は何か

ケース②:転職先の契約形態で認識相違が起きるリスク

転職先に高額な年俸を見せられて引き抜きに合った際のリスクになります。

年収がアップする条件を提示されたら、誰でも嬉しいですよね。
ただ、一時の年収の数字だけを見ていると前職より金銭的に余裕が出ない場合も有りますので注意してください。

引き抜きに合う際に、転職先が高額な年収を提示したために、転職を決意したものの、福利厚生や家賃補助・通勤手当がない場合や、年俸契約のために翌年から一気に年収が下がる場合もあります。

年俸契約だったとしても、結果を残せば大丈夫だと考えてしまう人も多いですが、実際にその会社の働き方や仕事のノウハウが分からない状態で、結果を残せるかは分からないものです。
最悪の場合、上司とそりが合わない為に結果が全く残せないことも有りえます。

転職先の契約形態や雇用契約の中身は細かくチェックしてリスクに備えましょう。

ポイント

・転職先の給与形態を確認する
・転職先の家賃や交通費を含めた福利厚生も確認する

ケース③:転職先が人脈目当てであることのリスク

あなたの事を転職先が引き抜いた理由が人脈目当ての場合があります。

転職先の担当者は、あなたのスキルや知識・仕事振りを評価して入社して欲しいと引き抜きの打診をしてきますが、ただあなたの持っている取引先が欲しかったり、あなたの会社と提携している企業のパイプが欲しいとというケースがあります。

勿論、自分の努力によって築いた人脈ですので、人脈もあなたの実力の一つです。
自分の築いた人脈は自信の持って良いと思いますし、転職先でもフル活用しないと勿体ないです。

ただ、あなたの人脈目当てで引き抜きを行った会社で働いていくと、時間が経つにつれて、あなたの人脈を切り崩していくだけになります。
最終的にあなたには何も残らない事になってしまう可能性もあります。

会社によっては、人脈のある社員を高額な給料で引き抜いて、取引先を全て吸収してから解雇するという手口もありますので、注意しましょう。

ポイント

・転職先は人脈をあなたから奪うだけが目的ではないか

引き抜きされて転職した時のメリットとリスクを比較

転職先に引き抜かれた時には多数のメリットがありますが、相反してリスクも多数あります。

多数あるメリットは以下の通りになります。

引き抜きで転職した時のメリット

・給料が上がる
・役職が上がる
・会社としての規模が大きくなる
・福利厚生が良くなる
・労働時間が希望通りとなる
・待遇が良くなる

しかし、様々なメリットを引き抜き先の会社が提示してきたとしても、それは本当なのでしょうか。

年収は一時的に上がるだけであったり、名ばかりの役職であったり、裁量労働制という契約形態のせいで長時間残業を無償で行う必要があったりします。
必ず、自分と引き抜き先の会社で認識相違が起きていないか、転職前に確認する必要があります。

また、転職前に引き抜き先の条件に信憑性があるものなのか、転職エージェントに相談してみるのも一つの手です。

引き抜きされて転職する時のリスクを防ぐには?

結論、引き抜きで転職する際には必ずリスクはあります。

働いた事のない会社ですので、事前に様々な情報収集をしていても、実際は異なる場合は沢山あります。
かといって、転職を短期間で何度も行っていると再就職が難しくなります。

前以て、リスクを抑えるためにも転職エージェントへ相談する事をオススメします。

引き抜きされている状況を伝えたうえで、転職エージェントへ相談してみると、人材業界から見た転職先の評判や業績まで赤裸々に教えてくれます。
人生の大事な岐路なので、面倒がらず転職エージェントは無料で相談を受けてみてはいかがでしょうか。




-コラム

Copyright© おれサラ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.